ついにGoogleのモバイル回線サービスが登場!

Title image

噂になっていたGoogleのモバイルサービスの内容が明らかになりました。サービス自体は今日から始まると各種サイトでは言われています。

サービス名は ”ProjectFi” という名前です。
ちょろっと調べたので詳細をまとめてみますね。

  • 現在は”Nexus 6”のみ使える
  • 今は招待制。招待のリクエストはこちらから。
  • ネットワークはSprintとT-Mobileのを使用。
  • LTEと使えるWifiの中から一番いいものを選んで自動でつなぎかえてくれる
  • 基本料金が$20。この中には無制限で国内のテキスト(SMS)と通話、インターナショナルのテキスト(SMS)、自分の携帯をホットスポットにするテザリング、120ヶ国以上の国での携帯アクセス*
  • 基本料金に1ギガごとに$10。もし2ギガだと$20になるので、基本料金と合わせて$40になります。
  • もし3ギガプランにしていて、2.2ギガだけ使った場合は翌月の料金から使っていない800MB分の$8がマイナスされる
  • 自宅でWi-Fiで通話していてそのまま外に出て行った場合も、Wi-Fiが弱くなったのを検知して携帯シグナルに切り替えてシームレスに会話が進むようにする
  • ハングアウトが入ってる機器で同じ番号で電話と同じように通話やテキストができる。

カバレージマップ

カバレージマップを検索してみました。サンプルとしてL.A.のダウンタウンです。

マップはこちらから検索できます。”US Coverage Map

Downtown, Los Angeles, CA ちょっと凄いかもしれませんね。

なんでもかんでもGoogleすぎて怖いので、私自身はGoogleのサービスからは遠ざかっていますけど使ってみたくなります。

個人的には通話しないんで、基本料金がなくてデータのみのプランもあれば嬉しいんですけど。

*日本のローミングは通話は電波が入るところだと1分20セントだそうです。
海外在住者の人にとっては朗報かもしれませんね。

周りでもシムフリーて何?などの人が結構いるので帰国時や海外旅行中でも一台で使えるとなれば乗り換える人も増えるような気もします。


公式サイト:Project Fi

Venture Beat: Google unveils ultra low-cost Project Fi wireless service with pay-as-you-go data rate

Project Fi: Google’s Plan To Fix Your Wireless Service Is Here

Share

EvernoteとLInkedINが提携し、LinkedInの名刺リーダーアプリCardMunchが終了する

Title image
Image credit:Evernote

EvernoteとLinkedInがタイアップすることによってLinkedInで使えていた名刺スキャンサービスのCardMunchが終了するようです。

CardMunchのサービスは7月11日に終了しますが、ユーザーは移行が出来るとのこと。

LinkedInはユーザーが3億人(300ミリオン)!?いるそうなんですが、CardMunchでのスキャンは日に45000枚しかなかったそうです。
Continue reading

Share

iPhoneのメールクライアント、Acompliが発表後すぐにTop10入りに

Title image

サンフランシスコのスタートアップ、Acompliが開始後いいスタートを切ってるようです。

VentureBeatによると、ビジネスメール用のiOS用アプリであるAcompliは、カレンダーやアドレス帳、ファイルを添付したりがアプリ上でビックリするほど簡単に出来てしまうようです。今朝ストアに登場したばかりですが、既にプロダクティビティーアプリのランキングで9位にランキングしたそうです。アプリは無料です。

アプリをダウンロードしたアメリカでのストアのレビューは181件で4ツ星とおおむね好評なようです。
AppStoreではおおむね好評?

アプリのスタート画面はこんな感じ。
スタート画面 Continue reading

Share

1億ドルもの損失を出したモバイル決済のスクエア[Square]の買収のウワサが再浮上

square

難しいクレジットカード決済の審査の手間を省けて、少ない手数料で利用できることからフリーマーケットや色々なイベントに出たりするクリエイターや芸術家にも人気があるモバイル決済サービスの「スクエア (square)」。iPhoneやAndroidで簡単に決済できます。

この「スクエア (square)」が昨年2013年に$100M (およそ一億ドル)損失を出したそうで、Google, Apple, eBay, Paypalなどと過去に非公式で話し合いをしたとか。
Continue reading

Share

iPhoneのアプリのimoでサードパーティー製のサービスが使えなくなる

Title image

iPhone, iPad, Androidで使える人気のあるメッセージングアプリ、imoが独自のメッセージングアプリになり、他のサービスが使えなくなるそうです。

しかも直ぐの3月3日金曜日!早過ぎるやん!って感じです。
今までの履歴はhttps://o.imo.im/から3/7日まで落とせるそうです。

今まではFacebook Chat, Google Talk, ICQ, AIM, Yahoo! Messenger, Jabber,Steamが使えていました。

私も以前は、唯一skype chatが使えるアプリだったのと、Google Talk、Facebook Chatが一緒に使えるということで長らくお世話になっていました。

LINEのように独自のプラットフォームになるそうですが、今まで他のサービスがまとめて使えるということで人気があったんだとおもうんですけど、それにみんなが移行するもんでしょうか?

あくまで他のサービスのハブとしてだとおもってたんですけど。
ま、でももし友達同士で同じアプリ使っているなら広がるかもですね。

ビデオ通話も可能です。

ほんと使うツールがいろいろ広まるとそれはそれでめんどくさいですね。

Whatsappも人気があるアプリだと思うんですけど、それはFacebookに買収されたことだしどうなることやら…。


Share

Eyeemが写真を売ったり買ったりできるマーケットをオープン

Title image

Eyeemからのお知らせメールが来たのですが、Eyeemユーザーが写真を売買できるマーケットをオープンするようです。

メールによると条件は公平,簡単かつ透明性のあるものだそうです。著作権もユーザーにあり、写真を売った値段の50%が収入としてはいるそうです。

現在はまだ準備中で招待を受付中です。
準備ができたらお知らせがくるそうです。

これでまた違うブームになったりするんですかね?

ちなみに受付は以下のリンクからです。

Eyeem Market


Eyeem logo

アプリのダウンロードはこちらから。

Share

[Windows Phone] セッティングアプリでのお気に入り”Settings Boy”

Title image

今日は、基本の設定をホーム画面、ウィンドウズフォンはスタート画面か、からできるアプリ、”Settings Boy”をご紹介します。


settings boy

Windows Phone ストアのアプリへのリンクはこちら
(もしくは上の画像をクリック。)


どんなことが出来るか?


色々な設定の切替ができます。

  1. バッテリー残量の表示
  2. wi-fiのオン・オフ
  3. 携帯ネットワークのオン・オフ
  4. wi-fi/携帯ネットワークのオン・オフ
  5. 機内モードのオン・オフ
  6. Bluetoothのオン・オフ
  7. 位置情報のオン・オフ

そのほかには、liveタイルに使うアクセントカラーが選べます。

Continue reading

Share

[Windows Phone] IP-Phone SMARTで留守電電話の通知メールに音声ファイルをつける

Title image
Photo courtesy by Michael Norton

昨日の[Windows Phone] Smartalk(IP-Phone SMART)をLinphoneで使うの記事内で書いていた着信の問題点の解決法です。

Linphoneでは通話などはできるのですが、アプリを起動していないと着信が出来ません。

そこでFUSION IP-Phone SMART側で留守番電話・着信があったときに通知メールが送られるようにし、録音がある場合は音声ファイルを添付することで、着信があったことがわかるようにするというものです。

ここでの”着信”の定義についてですが、

呼び出し音が鳴っている状態で相手があきらめて切った場合、

Linphoneでは通知されない

ので注意して下さい。


それでは設定していきましょう!

Continue reading

Share

[Windows Phone] Smartalk(IP-Phone SMART)をLinphoneで使う

Title image

今サラですが、iPod TouchにSmartTalkを入れて時々使っていました。やはり日本の番号が持てるのは良いし、なにより実家にいる親からも通常の携帯電話と同じようにかけてもらえます。大抵は私から掛けるので緊急用なんですけど。

しかし、外出時に万が一掛かってくると困ります。なので、”Windows PhoneでもSmartalkって使えないのかな〜?”と思っていたらありました。

Smartalkのサービス、つまりFUSION IP-Phone SMARTを使う方法が!

Linphoneってアプリを使います。

Linphone

音声の方は、ちょっと電波の状態が悪い携帯ぐらいで遅延があってガマンできない!という程ではありませんでした。実家にも聞いてみたところ、そんなに気にならないほどだよ、とのコトでしたので実用性はアリだと思います。

しかし、まだバックグラウンドでの着信が出来ないようです。ですので、私は留守番電話をメールに音声ファイル付きで転送するという手段を取っています。それでもいいよ、って方は続きをどうぞ。

Continue reading

Share

現在のモバイル環境

Title Image
Photo courtesy by Martin Kuttner

最近の私のモバイル環境について書いてみます。アメリカで生活する学生さんやそんなに使わないんだよね〜っ、でもイマイチどれかったら良いのかわからんのよね〜て人達の参考になれば。

まず現在の電話は以前にも書いたNokiaのLumiaです。買った時にさらっと書きました。そのときの記事はこちら。

今度はNOKIAのLumiaを買ってみました

概略は上記の記事で読めます。 Continue reading

Share