Friday, April 25, 2014
 

MardEdit + WordPress ユーザーに朗報!プラグイン All In One SEO Pack、SEO by Yoast に対応させるワザ

title image

MarsEdit がえらい盛り上がりを見せてますね〜w。前に使ってみて微妙だったので使っていなかったんですが、今盛り上がってるならもう一度使ってみようということで、自分のwordpressでの使い道をもう一度確認してみました。

最大の不満だったのが、Wordpressユーザーならほぼ皆さん入れてるんじゃないかと思うプラグイン “All in One SEO”(あるいは”SEO by Yoast”)で使うカスタムフィールド欄が編集できないことでした。私もその一人でかなり前のバージョンから使えるようにならないかなーと思っていたら英語圏で対策を書いてくれてる方がいたのでご紹介します。

これを行うことで入力画面に欄が増えます。こんな感じ。
入力画面書いているときの使用環境:WordPress 3.3.1, MarEdit 3.4.4

WPのバージョン、3.1.3以上を使っている場合はステップ1から進んで下さい。それより前のバージョンを使用されている場合はステップ2のみで使えるようです。

* Step.1 を行う際には必ず編集前にそのファイルのバックアップを取っておくことをおすすめします。


“All in One SEO” を使っているときの設定方法

この方法は私も実際に使用しています。

Step1. meta.phpを編集する

WPをインストールしているフォルダ内 /wp-includes/meta.phpをダウンロードします。例えば フォルダにWPをインストールしている場合は、ファイルの場所は、http://hoge.com/wordpress/wp-includes/meta.php となります。

meta.phpの819-823行目辺りにある
function is_protected_meta( $meta_key, $meta_type = null ) {
    $protected = (  '_' == $meta_key[0] );
	return apply_filters( 'is_protected_meta', $protected, $meta_key, $meta_type );
}

の部分の上から2行目の
$protected = (  '_' == $meta_key[0] );

を以下に変更します。
$protected = (( '_' == $meta_key[0] ) && ( strpos($meta_key, "_aioseop") !== 0));
これでWordPress側の設定はおしまいです。


Step.2 MarsEdit側で設定する

MarsEditを開いて、自分のブログ名の上で右クリック、メニューが出てくるので”Edit Settting”を選択します。

該当ブログのセッティングを開く

一番右の”Custom Field”タブを選択、写真のように、

MarsEdit Label Server Custom Field Name
SEO Title _aioseop_title
SEO Desc _aioseop_description
SEO Tags _aioseop_keywords

と入力します。OK押すのを忘れずに。

設定項目
以上で終了です。



SEO by Yoastを使っている場合

Step1. meta.phpを編集する

WPをインストールしているフォルダ内 /wp-includes/meta.phpをダウンロードします。例えば フォルダにWPをインストールしている場合は、ファイルの場所は、http://hoge.com/wordpress/wp-includes/meta.php となります。

meta.phpの819-823行目辺りにある

function is_protected_meta( $meta_key, $meta_type = null ) {
    $protected = (  '_' == $meta_key[0] );
	return apply_filters( 'is_protected_meta', $protected, $meta_key, $meta_type );
}

の部分の上から2行目の
$protected = (  '_' == $meta_key[0] );

を以下に変更します。
$protected = (( '_' == $meta_key[0] ) && ( strpos($meta_key, "_yoast_") !== 0));


これでWordPress側の設定はおしまいです。


Step.2 MarsEdit側で設定する

MarsEditを開いて、自分のブログ名の上で右クリック、メニューが出てくるので”Edit Settting”を選択します。

該当ブログのセッティングを開く

一番右の”Custom Field”タブを選択、写真のように、

MarsEdit Label Server Custom Field Name
SEO Title _yoast_wpseo_title
SEO Desc _yoast_wpseo_metadesc
SEO Tags _yoast_wpseo_focuskw

と入力します。OK押すのを忘れずに。

040212 marswpseo 05
コレにて完了。

この二つに対応することでもっと使いやすくなったと思います!
また楽できる使い方があれば記事にしますね。

これらの記事は以下の記事を参考にさせていただきました。
Problem with WP custom fields and MarsEdit solved
Setup MarsEdit to work with All in One SEO plugin
Setup MarsEdit to work with Yoast SEO plugin


MarsEdit – the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more. App

カテゴリ: ソーシャルネットワーキング

価格: ¥3,450

Share


 

Tags: , , , , , ,

Comments

コメントはありません。
  • コメントする
     
    Your gravatar
    Your Name
     
     
     
    *

    コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

     
     
 
About Me

クリエイティブライフを実践するべく奮闘中。

くわしくはこちら
Follow Me
         

Follow Me!
 
Get Adobe Flash player