2015年1月2月用カレンダー for Moleskine Pocket & Large & Camera

Title image
Photo courtesy by Joel Montes de Oca

こんにちは。2015年度版のMoleskine用カレンダーができあがりました。

来年度分もいつもどおり、ポケット用のカメラバージョンと、ポケットとラージ用のノーマルバージョンをご用意しました!

少し今回はバージョンアップしたつもりです。

基本項目

  • 日本とアメリカの休日を記載しています。
  • 休みに色はつけていないので、ご自由にわかりやすいようにカラーペンで○をつけたり、マステでアクセントをつけたりして使って頂くのが良いかと思います。
  • ポケット、ラージ共に、モレスキンに対して横に貼り付けます。見開き2ページを使うようになっています。
  • ポケット版は、真ん中で切り離さないままだと、ラージの1ページにも貼り付けることができます。


デザインもフォントも変わってますが、ポイントになる新項目は4つ!

週番号がつきました

週番号がつきました

ビジネスには必要?ということで最近日本の手帳でも増えてきたので週番号を入れることにしました。

週番号のつけ方のルールはアメリカ式で、参考にさせて頂いたサイトによると、

日曜日始まりの1月1日を含む週を第1週とする週番号で、Excel(Microsoft)やNumbers(Apple/iWork)のweeknum関数もこの方式で表示されます。

だそうです。

参考サイト: 2015年 PDFカレンダー 無料ダウンロード:ツクールJP

背景にドットをいれました。

背景にドットをいれました。

罫線をいれるか悩んだのですが、狭く感じるのでドットでラインをいれることにしました。行の目安にいいかなーと思ってます。
ドットラインを使わなくてもジャマにはならないように薄めの色にしました。

余白にはtodo欄を

余白にはtodo欄を
どうせ余ってるなら、最近多い方式のこれも取り入れちゃえ!ということで。

ミニカレンダーもつけたよ

ミニカレンダーもつけたよ
こちらもよく見かけるので取り入れました。これは小さいのでくっきり見えるように色を濃いめにしました。

カットの仕方

おそらく大丈夫だとは思うのですが…。

四隅の線の、カレンダーに近い方の線を切ります。このときに端から端まで切ってしまうと目安線がわからなくなるので、両端まで切ってしまわないように。

ポケットの場合は2ヶ月分つながっているので、中央の線を先にきってから、周りの線を切ります。

端まで切らないでね

プリントの仕方

A4、レターサイズに対応しています。どちらも100%で大丈夫だと思います。
もし印刷範囲がせまくて切れてしまうようならば、縁なしではみ出し量を最小にしていただくとウマく印刷できます。

チェックはしていますが、見落としている場合が有りますので、不備があった場合は是非お知らせ下さい!

それでは以下よりダウンロード!

♣ポケット用カメラ [PDF:205KB]
download

♣ポケット用ノーマル [PDF:180KB]
download

♣ラージ用ノーマル [ZIP:164KB]
download

Share

Leave a Comment.


*

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。